プロフィール

 なおきち・かこきち

Author: なおきち・かこきち
息子4号、生まれました!
表丹沢のふもと、茶畑と牧場に
囲まれた家。ヤギ親子とともに
「命のつながりを感じる暮らし」
楽しんでいます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

麓日記

畑仕事。雑木林。親子でカエル捕り。 ときどき、旅。 丹沢山麓での田舎暮らし、 紹介します。

2016.04
23
(Sat)

青椒肉絲 

青椒肉絲

ご近所でいただいた筍で つくりました。
熊本に思いをはせる 球磨焼酎とともに。
スポンサーサイト
2016.03
11
(Fri)

窓の外の雪 

窓の外の雪

午後2時46分。
箱根は 雪が降っています。
暖房がきいた職場の 曇った窓から 外を眺めて 
ひとり 黙とうしました。
あの日 テレビに映った三陸の街も 雪が舞っていたっけ。

僕にはいま 取り組むべき 仕事があって
家族が待っている 暖かい家もある。
あたりまえのことは 涙が出るくらい ありがたいこと。

それをもう一度 心に刻んだら
さあ、自分の持ち場で 自分の仕事だ。
2015.06
20
(Sat)

復興の槌音? 

中学生になったユウマと2人で、北三陸の被災地を歩いてきました。
復興の槌音? それともバラマキ公共事業?
単純にでかい防潮堤を作ればいいわけではない?
親子で とても考えさせられた 旅でした。

三陸の朝市
元気なおばあちゃんたちに ほっとします。

がんばれ三陸鉄道

さんてつサイダー
がんばれ三陸鉄道!

田老観光ホテル(震災遺構)
震災遺構となった田老観光ホテル。

防潮堤の残骸

大防潮堤に立つ
大防潮堤に立って 考えるひととき。
2012.10
16
(Tue)

気仙沼再訪 

市街地から瓦礫が消えても
生活がもとどおりになるには
まだまだ遠い道のりを、実感します。

津波で流された船

がれき置き場

がんばって大島

寄せ書き

おばちゃんの笑顔

気仙沼港の夕焼け


だけど・・・
素敵な笑顔に 会えました。
復興への槌音も たしかに 聞こえてきます。

心に刻んで
自分のできることを ひとつ ひとつ。
2012.03
11
(Sun)

ほとけさまのご飯 

ほとけさまのご飯


お彼岸やお盆、大切な人の命日。
我が家では、「ほとけさまのご飯」といって
まぜごはんを食べるのが ならわしです。

3月11日
たくさんの、亡くなられた方に
思いを寄せて。
 | HOME |  »