プロフィール

 なおきち・かこきち

Author: なおきち・かこきち
息子4号、生まれました!
表丹沢のふもと、茶畑と牧場に
囲まれた家。ヤギ親子とともに
「命のつながりを感じる暮らし」
楽しんでいます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

麓日記

畑仕事。雑木林。親子でカエル捕り。 ときどき、旅。 丹沢山麓での田舎暮らし、 紹介します。

2015.03
29
(Sun)

ひとり身の週末 

嫁さんと子供たちが実家に帰って
今週末は自由を楽しむぞ、と思っていたのに
土曜はまさかの仕事、日曜もお祭り準備で、何にもできず。
このままじゃあんまり悲しいので 夕方
七沢の「アジアのごはん屋さんWAIWAI」まで出かけて
パクチーとナンプラーに癒されてきました。

ワイワイのごはん

なじみのお店があるのって、嬉しいね。
マスター、ひとしくん、お話聞いてくれてありがとう!
スポンサーサイト
2015.03
28
(Sat)

黄色い花火 

ダンコウバイ

枝先にはじける 黄色い花火。
里山は、ダンコウバイの花が満開でした。
2015.03
22
(Sun)

信州鉄道のたび 

ユウマ君プロデュース(卒業旅行?)
信州・鉄道の旅に行ってきました。
ひさびさの家族全員旅行です。

浅間山をバックに
牧場はみどり はるかに雪山
かあさんも 久々に羽をのばしました。

ゆけむり号はもと小田急
ゆけむり号は 懐かしの小田急HiSE
小田急にはない 昭和な駅がいいね。

湯田中温泉で足湯
おんせん!おんせん!たのしいな。
まずは準備体操がわりに足湯から。

行き違い電車待ち
行き違いの電車待ちで 5分停車。
ローカル線の旅の楽しみです。

スイッチバックの姨捨駅
日本鉄道三景、スイッチバックの姨捨駅。
駅名表示の緑のラインを見よ!
2015.03
21
(Sat)

仔ヤギ使い 

ヤギ使いマコ1

ヤギ使いマコ2

ヤギ使い マコトくん。
誰よりも 仔ヤギに好かれる男です。
草太、よもぎが 赤ちゃんヤギだったころも
よく彼によじ登ってました。

ギブスが泥だらけになるが やや難点。
2015.03
20
(Fri)

卒業式 

北に丹沢 仰ぎつつ
緑の盆地 うららかに
学びの庭に 花も咲く
希望もはるか 大空よ
ここは上小 我が母校

ユウマ卒業

今日の主人公は、息子1号ユウマ。
上小学校の 卒業式の日を迎えました。

6年前 ちょうど引っ越しが重なり
誰一人友達はいない 通学路すらよくわからない状態で
小学校に入学したユウマ。控えめでシャイな性格もあって
さぞかし不安な毎日だったろう。

それなのに、お祭りの太鼓とか、子供会とか
学校だけじゃなく 地域の活動でも しっかり頑張ってくれた。
僕らが ここ上秦野という場所に 根を下ろすことができたのも
彼のおかげといっても 過言ではないと思う。
ユウマ、ありがとう。

鼓笛で見送り

卒業式のお花

たくさん(といっても70人ちょっと)の後輩たちの 音楽と拍手と花束で見送られ
あたたかく 幸せに満ちた 卒業式でした。
みなさん どうもありがとう。
ささやかなお返しに あと12年 PTA頑張ります(笑)。
2015.03
17
(Tue)

卒園式 

今日はヒカルの卒園式。
2年前の入園式、泣いて泣いて、かあさんの膝から離れられなかったヒカルも
今日はちゃんと 卒園証書をいただきました。

りす組さん教室

プレゼントをもらったよ

小学生の花アーチ

ほぼ全員が お隣にある上小学校の1年生になります。
小学生のお兄ちゃん、お姉ちゃんたちが、アーチでお祝いしてくれました。
ほのぼのした卒園式。田舎の幼稚園・小学校って、いいね。

卒園式の記念写真

ヒカル君、おめでとう!
2015.03
15
(Sun)

ながしかくの瞳 

休日の日課、ウメちゃんと草太を連れておさんぽ。
ヤギの瞳は長四角、って知ってましたか?

草太アップ
2015.03
14
(Sat)

マコ骨折 

体育の跳び箱で、やっちゃいました。
救急車デビューしたそうです。

マコ骨折

こらーっギブスして泥遊びするなー!
2015.03
10
(Tue)

長い廊下 

我が家は 日本家屋。
無駄に長い廊下が 自慢です。

広縁物干し

二間続きの和室の窓側には、広縁。
南向きの、なかなか気持ちいい空間ですが
この季節は 子供の花粉症対策で 
立体物干し場に早がわり。
育ちざかり4人、洗濯物も半端じゃありません。

ジャンピンスパイダー

玄関からトイレまで続く 長い廊下。
ジャンピングスパイダーのトレーニングができます。
将来はSASUKEに出場だ!
2015.03
08
(Sun)

森の中に ひっそりと 

訪れる人も 誰もいない 小さなお堂。
いつか森にかえってゆくのだろうか。

不動堂

森の中のお堂2


 | HOME |  »