プロフィール

 なおきち・かこきち

Author: なおきち・かこきち
息子4号、生まれました!
表丹沢のふもと、茶畑と牧場に
囲まれた家。ヤギ親子とともに
「命のつながりを感じる暮らし」
楽しんでいます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

麓日記

畑仕事。雑木林。親子でカエル捕り。 ときどき、旅。 丹沢山麓での田舎暮らし、 紹介します。

2015.08
29
(Sat)

巨木の森 

バン木の頭、モロクボ沢の頭、畦ヶ丸、大界木山…
西丹沢の超マイナーコースを歩きました。
ここは、知る人ぞ知る、巨木の森を歩くコースです。

ブナの大木を前に

苔むした木

苔むした岩

標識

渓畔林

丹沢とは思えない、ササが生い茂る、静かな深い森。
霧の中の山歩きも いいもんだ。
スポンサーサイト
2015.08
28
(Fri)

ハンザキの絵 

ハンザキの絵構想中
構想中

ハンザキの絵完成

完成。
イモリも、アブラハヤも、カワムツも、カジカガエルもいる、楽しい絵になりました。
2015.08
27
(Thu)

山芋のれん 

山芋のれん

雑木林に お花の暖簾 できました。
2015.08
23
(Sun)

7歳の誕生日 

ヒカル7歳

ヒカルくん、おめでとう!
(なぜか上半身裸です。)
2015.08
16
(Sun)

お魚の研究 

ドジョウ獲れたよ

ヒカルの自由研究、今日は田んぼの水路で魚とり。
本日の成果は…
ドジョウ10匹くらい
ホトケドジョウ1匹
アブラハヤ2匹(稚魚はたくさん) でした。
2015.08
07
(Fri)

宮ノ下ノスタルジックロード 

宮ノ下ノスタルジックロード

箱根スケッチ その10 夏の夕暮れ・宮ノ下。
お仕事帰りのバスを、途中下車。
共同浴場の太閤湯で汗を流して、夕暮れのノスタルジックロードをぶらぶら。
駅前の森メシで軽く夕ご飯とビールのあと、登山電車で家に向かう。
贅沢で幸せなひとときだなー。
2015.08
05
(Wed)

貝の博物館 

どうして こんな形になったのだろう。
左右非対称。トゲトゲ。ごつごつ。流れるような美しい曲面。
生き物の不思議な造形 満喫です。
真鶴半島 遠藤貝類博物館にて。

遠藤貝類博物館1

遠藤貝類博物館2

遠藤貝類博物館3

遠藤貝類博物館4

遠藤貝類博物館5

博物館のまわりは、これまた圧倒的な、スダジイやアカマツの巨木の森。
全国でも珍しい「魚つき保安林」に指定されている、海をはぐくむ森です。
海もきれい。お魚も美味しい。間近に迫る箱根の山の景観もステキ。
こんなに楽しい場所だったなんて。真鶴、おすすめです。

真鶴漁港


2015.08
01
(Sat)

ハンザキの宿② 

但馬の農家民宿「まるつね」の続きです。
この宿の名物は 夜。
懐中電灯で 前の川を照らして、よーく探してみると…

オオサンショウウオ発見!
見つけました!
オオサンショウウオ、別名ハンザキとも呼ばれます。

オオサンショウウオ2

オオサンショウウオ3
この個体は、体長70㎝くらいの若い個体。
懐中電灯の光を嫌って ゆっくり逃げようとしてたけど
途中であきらめ 動かなくなっちゃいました。
石になったつもり?

ちなみにこの夜は もう1頭 80㎝クラスの大き目の個体が
なんとなんと 宿の前の橋の下に出てきました。
もう大コーフン!

ハンザキ研究所の所長さんのお話を聞く
翌日は、日本ハンザキ研究所を見学。
所長さんが ハンザキ(オオサンショウウオ)の魅力を 熱く語ってくれました。
ここは、助成金と寄付だけでやっている 完全民営の施設。
たくさんの ハンザキを愛する人に 支えられている研究施設です。

ハンザキの前肢は指4本、のポーズ
ハンザキ前肢は指4本、のポーズで記念写真。

「大きくなったら ハンザキの研究者になってね」 と言われた子供たち。
水族館の館長をやめて 研究所をつくった所長さんの熱い思いにも 惹かれます。
親子ともども とっても刺激を受けた 但馬の旅でした。
 | HOME |