プロフィール

 なおきち・かこきち

Author: なおきち・かこきち
息子4号、生まれました!
表丹沢のふもと、茶畑と牧場に
囲まれた家。ヤギ親子とともに
「命のつながりを感じる暮らし」
楽しんでいます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

麓日記

畑仕事。雑木林。親子でカエル捕り。 ときどき、旅。 丹沢山麓での田舎暮らし、 紹介します。

2008.12
12
(Fri)

引越しします 

川沿いの道

3月に、とうとう引っ越すことになりました。
もう6年も続けてきた「理想のおうち探し」。見に行った物件だけでも40件超、
ちょっとこだわりすぎているのかな・・・と思い始めていた矢先に、
とうとう、出会ってしまった、ひとめぼれのおうち。

新居は、秦野市の西のはずれ、四十八瀬川の近く。
茶畑が広がる丘の中腹にあります。
山麓から、丹沢表尾根の山ふところへ。
田舎暮らしも、少しだけグレードアップする予定です。

小さくて古くてぼろくて、でも居心地がいい陽だまりのような、
愛すべき今のおうちに暮らすのも、あと3ヶ月あまり。
それを考えるとちょっと寂しい、今日このごろ。
感謝の気持ちをこめて、年末の大掃除しなくちゃ。

(写真は、少し前、11月末くらいの四十八瀬川。
契約やらリフォームやらでばたばたして、
ブログの更新もぜんぜんできず、失礼しました。)

スポンサーサイト

コメント

電車が見えるおうち? 

写真の風景、なんとなく某電鉄の車窓から見える(というか、いつも見ている)所のような気がします。
S駅から下り方向の先にあるトンネルを抜けて少し行った辺りで、このような光景を見たような気がします。
一応、架線やらロマンスカーやらが写っていないかと目を皿のようにして見てみましたが見つけられませんでしたので思い違いかも知れませんね。

おうちがあるのは、中腹ということなので写真の場所から少し離れた所になるのですね。
(鉄道用語の)山側に見える丘の方に茶畑が広がっていた場所があったような気がしますので、勝手に、あの辺りかな~などと想像しながら書いています。

それにしても、なおきちさんが、ひとめぼれしたというおうち、一目見てみたいものです。
ちなみに、場所的に列車が見えるところでしょうか?
しかも、畑とかもあったりするのでしょうか?

 

おめでとう。引っ越しに、人手・軽トラが必要なら言って下さい。
ところで、今の家に「みち」が入るのはどうだろう。今、真剣に家探しを始めたところなんですが。

 

イガイガ、こんにちは。
四十八瀬川の写真は、残念ながら小田急の橋よりももっと上流です。でも、小田急から眺めても、四十八瀬川の橋を渡るあたりだけは山中の渓谷を走るようで、僕も大好きな車窓風景です。
新居のすぐそばの丘に登ると、その渓谷を走る小田急電車を見下ろすことができます。すぐ後ろには秦野の町並み。夜景が綺麗そうです。
越したらぜひ遊びに来てくださいね。

 

十姫、こんにちは。軽トラと手伝い、期待しています。こないだ大家さんに軽トラを借りて荷物を運んだんですが、やっぱり日本の農村には軽トラが似合う!と惚れ直してしまいました。車を2台持つことがあったら軽トラにしようと、嫁さんに交渉中です。
お手伝いも嬉しいですが、引越ししたら遊びに来てくださいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumotodiary.blog95.fc2.com/tb.php/129-30ca4b21

 | HOME |