プロフィール

 なおきち・かこきち

Author: なおきち・かこきち
息子4号、生まれました!
表丹沢のふもと、茶畑と牧場に
囲まれた家。ヤギ親子とともに
「命のつながりを感じる暮らし」
楽しんでいます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

麓日記

畑仕事。雑木林。親子でカエル捕り。 ときどき、旅。 丹沢山麓での田舎暮らし、 紹介します。

2007.06
30
(Sat)
タイマグラの森
タイマグラの森
縁側でごはん
縁側でごはん

岩手県川井村江繋タイマグラ。最も近い集落からも約10km離れ、早池峰山麓の森の中にぽつんと孤立した小さな開拓集落である。ここに電灯が灯ったのは昭和63年、おそらく日本で最後に電気が開通した集落だ。その後、自然とともにある暮らしを記録した映画「タイマグラばあちゃん」が、海外で高い評価を得て多くの賞を受賞し、一気に有名になった?場所でもある。
映画にも登場する民宿フィールドノートは、今も開拓農家そのものの建物で、がたがたときしむ木枠の窓、薪ストーブに薪風呂。「じいちゃん」の指導で、決して濁らないという沢から引いた生活用水。庭の果樹はクマと競争なのよ、とおかみが笑う。仙人の暮らしみたいだが、やがて増えた移住仲間は映画監督、桶職人、染色家、農業青年…。子供も全部で10人くらいいて、村の送迎タクシーで元気に学校に通う。

でも、ここに4歳ユウマと2歳マコトを連れて行くのは、ちょっとした賭けだった。多感になりつつあるユウマは、七夕飾りに「おかねもちになりたいです」と記し、以前に行った沖縄でも、赤瓦の民宿よりリゾートホテルにご満悦の様子。虫がいっぱいいるよ、という僕の言葉に期待していたようだが、それは部屋の中にも蜂やクモやカメムシやらがたくさん棲んでいるお家だよ、という意味なのだ。
子供は容赦なく駄々をこねる。いったん「このお家やだ、帰りたい」などと言い出したら、それこそ旅は収拾がつかなくなる恐れがある。

天狗のうちわ
天狗のうちわ
森でお昼寝
森でお昼寝

そんなユウマが、「このお家すてきだね」と言い出したのには驚いた。積まれた布団の山へのダイビングに熱中し(この家には押入れがない)、薪の山でカミキリムシ探しに興じ、縁側での「おそとでご飯」に大はしゃぎだった我が息子。
夏になったら、もっとクワガタがいるんでしょ。そしたらまた来ようよ。
そして嫁さん。開拓農家、自給自足生活・・・そんなストイックなイメージでここに来たらしい彼女は、ゆったりした時間が流れるタイマグラにすっかり魅せられてしまったようだった。
そう、ここはぜんぜん厳しくない、ゆるーいところなのだ。はっきり言ってボロボロの建物、布団も服もカメムシの死骸も散らかしっぱなしの雑然とした部屋。でも、そんな風に何でもゆるーく受け入れてきた暮らし、生活そのものを楽しむ暮らしがあるから、厳しい自然の中でも生活してこれたのだろうか。

極楽だあ、とつぶやいていたタイマグラばあちゃんを、僕は映画の中でしか知らない。でも、その万分の一かを、僕も嫁さんも子供たちも共有できた気がしたのは、自己満足だろうか?
ユウマ、また来ような、この素敵なお家に泊まりに。

タイマグラばあちゃん

スポンサーサイト

コメント

 

“ダイマグラおばあちゃん”の衛星放送を見て、是非尋ねようと思いました。
番組の中に登場する、奥田さん(だったかな?)はまだ住んでいるのでしょうか!
最近、一番の感動でした。

 

こんにちは。コメントをありがとうございます。「タイマグラばあちゃん」ご覧になったのですね。
お問い合わせの方は奥畑さんのことと思います。もちろん、今も住んでいらっしゃいますよ。この記事にでてくる民宿フィールドノートは、奥畑さんがやっている民宿です。建物も映画に出てくる開拓農家そのものです。2枚目の写真「縁側でご飯」の右手前に移っている子が、タイマグラばあちゃんのポスターに写っている奥畑さんちの長男、大木くんです。たぶん。
「タイマグラ フィールドノート」で検索すればウェブサイトも出てくるはずです。もし行かれるようなら、どうぞよろしくお伝え下さい。もう4年位ご無沙汰してしまってますが、またぜひ行きたい場所です!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumotodiary.blog95.fc2.com/tb.php/14-7ced130a

 | HOME |