プロフィール

 なおきち・かこきち

Author: なおきち・かこきち
息子4号、生まれました!
表丹沢のふもと、茶畑と牧場に
囲まれた家。ヤギ親子とともに
「命のつながりを感じる暮らし」
楽しんでいます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

麓日記

畑仕事。雑木林。親子でカエル捕り。 ときどき、旅。 丹沢山麓での田舎暮らし、 紹介します。

2009.09
22
(Tue)
ルートが見えていた。
難しいが、そこから直登していくルートが見えていた。

階段

階段つづき

左にトラバースしていくのが本来のルートだが
俺のルートじゃない。それは他人がやったルートを
なぞるだけの行為だ。

まだ誰もやっていない直登ルートこそが
このおれのルートなのだ。

階段つづき2

スポンサーサイト

コメント

我が家も 

我が家の末娘も麦生の小屋で、ハシゴを上へ上へ。2階は蛇の脱け殻があるだけよ。

 

みよさん、こんばんは。こういう話題なら、やはり、みよさんですねえ。

ちなみに、ブログの文章は、夢枕獏の「神々の山嶺」から拝借しました(夢枕獏さん、勝手にすみません)。この台詞のあと、主人公の羽生丈二は落ちますが、うちの子は落ちませんでした。でもヒカルが登っていたのは、冬のアイガー北壁ではありませんが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumotodiary.blog95.fc2.com/tb.php/187-2283f658

 | HOME |