プロフィール

 なおきち・かこきち

Author: なおきち・かこきち
息子4号、生まれました!
表丹沢のふもと、茶畑と牧場に
囲まれた家。ヤギ親子とともに
「命のつながりを感じる暮らし」
楽しんでいます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

麓日記

畑仕事。雑木林。親子でカエル捕り。 ときどき、旅。 丹沢山麓での田舎暮らし、 紹介します。

2013.07
06
(Sat)

ホソカタムシの誘惑 

お仕事で、神奈川県から絶滅した昆虫を調べていたら
(ど真ん中じゃないけど、そういうのもお仕事のひとつなのです)
とても気になる名前の昆虫が出てきました。

アバタツヤナガヒラタホソカタムシ

いったい、どんなヤツなんだろう。
あばた顔で、つやがあって、
長くて平たくて細くて堅い虫なのではないかと、僕は思いましたが
さっそくネット検索。

何も出ないかと思いきや、驚いたことに
本が2冊も、検索にひっかかりました。
ホソカタムシの誘惑
日本産ホソカタムシ類図説

さらに驚いたことに、たまたま行った厚木の市立図書館の
自然科学のコーナーに、「ホソカタムシの誘惑」
ちゃんと並んでいるではありませんか!
知らなかったのは僕だけで、もしや、ホソカタムシはブームなのでしょうか!?

というわけで、さっそく借りてきたこの本を紹介。

ホソカタムシの誘惑

「超マイナーな虫、ホソカタムシにぼく(著者)が惚れた理由と、
超マイナーな虫を通して、虫の研究法、採集法、魅力を探る。
本邦初のホソカタムシの図説を掲載!」

目次
1章 ホソカタムシに関するQ&A
2章 ホソカタムシの魅力
  1.老生物学者、昆虫少年に戻る
  2.ホソカタムシの恰好よさ
  3.ホソカタムシの家族離散

さらに「ホソカタムシの研究法」「採集日記から」「ホソカタムシ採りの達人たち」
と、続きます。
なんか、わくわくする本だねー。

あばた顔で、つやがあって、
長くて平たくて細くて堅い虫も
ちゃんと出てました。

こんなに楽しめて、ステキな本も見つかって
達成感もあり、大満足!の、今日のお仕事でした。
(あれ、仕事じゃなかったかも。)









スポンサーサイト

コメント

 

読んでみたーいヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

僕も、年老いたら、昆虫少年に戻りたいなー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumotodiary.blog95.fc2.com/tb.php/508-fa13f5fd

 | HOME |