プロフィール

 なおきち・かこきち

Author: なおきち・かこきち
息子4号、生まれました!
表丹沢のふもと、茶畑と牧場に
囲まれた家。ヤギ親子とともに
「命のつながりを感じる暮らし」
楽しんでいます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

麓日記

畑仕事。雑木林。親子でカエル捕り。 ときどき、旅。 丹沢山麓での田舎暮らし、 紹介します。

2015.08
01
(Sat)

ハンザキの宿② 

但馬の農家民宿「まるつね」の続きです。
この宿の名物は 夜。
懐中電灯で 前の川を照らして、よーく探してみると…

オオサンショウウオ発見!
見つけました!
オオサンショウウオ、別名ハンザキとも呼ばれます。

オオサンショウウオ2

オオサンショウウオ3
この個体は、体長70㎝くらいの若い個体。
懐中電灯の光を嫌って ゆっくり逃げようとしてたけど
途中であきらめ 動かなくなっちゃいました。
石になったつもり?

ちなみにこの夜は もう1頭 80㎝クラスの大き目の個体が
なんとなんと 宿の前の橋の下に出てきました。
もう大コーフン!

ハンザキ研究所の所長さんのお話を聞く
翌日は、日本ハンザキ研究所を見学。
所長さんが ハンザキ(オオサンショウウオ)の魅力を 熱く語ってくれました。
ここは、助成金と寄付だけでやっている 完全民営の施設。
たくさんの ハンザキを愛する人に 支えられている研究施設です。

ハンザキの前肢は指4本、のポーズ
ハンザキ前肢は指4本、のポーズで記念写真。

「大きくなったら ハンザキの研究者になってね」 と言われた子供たち。
水族館の館長をやめて 研究所をつくった所長さんの熱い思いにも 惹かれます。
親子ともども とっても刺激を受けた 但馬の旅でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumotodiary.blog95.fc2.com/tb.php/714-0263fa51

 | HOME |