プロフィール

 なおきち・かこきち

Author: なおきち・かこきち
息子4号、生まれました!
表丹沢のふもと、茶畑と牧場に
囲まれた家。ヤギ親子とともに
「命のつながりを感じる暮らし」
楽しんでいます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

麓日記

畑仕事。雑木林。親子でカエル捕り。 ときどき、旅。 丹沢山麓での田舎暮らし、 紹介します。

2016.08
01
(Mon)

生き物のつながりのある畑? 

畑被害

今年は、トウモロコシ絶好調!
パーマカルチャー実習で習ったことを実践して
美味しいトウモロコシを楽しみにしていたに・・・。
一夜にして全滅。大ショックでした。
 
これだけきれいに食べるってことは、シカじゃないね。
なおきちの犯人予想は、ハクビシン。
せめて来年の作戦を練るために
自動撮影カメラを3日間仕掛けてみたら、意外な犯人が写ってました。

畑被害の犯人
カラスとは! 予想外です。
こんなにきれいに食べられるものなんでしょうか。
でも、他に動物は写っていませんでした。
うーむ・・・。

キジの卵

こちらはキジの巣。
数日前、草刈りをしていたら、とつぜん足もとからキジが飛び出してきて
後には卵が5つ。あわてて草刈りを中断して、夕方そっと覗くと
卵を温める母鳥の姿が。

そして今日の夕方、また巣を覗いてみると
割れた卵が4つ、割れてないのが1つ。母鳥の姿はありません。
ヘビやカラスに襲われたなら、1つ残っているのが不自然。これは
無事に雛が孵って、どこか安全な場所に移動したと考えてよさそうです。

キジも、芽を食べてしまうことで、農家からは嫌われ者ですが
目の前の卵を見ると、雛の成長を祈りたくなります。
これも「生きもののつながりのある畑」のひとつかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumotodiary.blog95.fc2.com/tb.php/848-3f377bed

 | HOME |